(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2017年11月04日

道に迷っている外国人を見掛けたら

町に出たりしたときに、道に迷っているとおぼしき外国人を見掛けることがあると思う。そのようなとき、私はできるだけ声を掛けるようにしている。では、その第一声は何がよいのか? ふと思い立って Facebook に投稿してみたところ、30人くらいからコメントが得られた。

まず、私の質問。
I have a question for native speakers of English.

Q. When I find foreigners who seem to be lost on the street, I usually speak to them in English. Then, what do you think is the best phrase to start with?

ex.) May I help you? / Can I help you? / Do you need any help? / Any problem? / I hope I can help you. / Might I be of any help to you? / Are you lost??? etc.

(Clarify where you are from.)

TIA


以下は皆からのコメント。ただし、氏名はイニシャルのみとし、カッコ内に出身地や性別などを記した。


A.K(カナダ・ノバスコシア州、男)
最初に "Hello." と言うのがよい。その次はおそらく "May I help you?" など。


L.A(米国・フロリダ州、男)
私もそう思う。いつも "Hello." から始める。


K.H(ニュージーランド、男)
"Hello, how can I help you? Are you lost?"


D.H(ニュージーランド、男)
私なら、"Hi, do you need some help?"。


T.H.D(カナダ・ブリティッシュコロンビア州、男)
"Need any help?" か "Are you lost?"。
あなたが挙げている例はすべてよく、とても親切で丁寧。


M.D(ベルギー・ブリュッセル、男、母語はフランス語らしいが8ヵ国語を操る模様)
"Hello, can I be of any assistance?"


C.M(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、男)
私のオススメは "Hi, do you need any help?"。


P.S(カナダ・ブリティッシュコロンビア州、日本在住、男)
"Penny for your thoughts."


D.G(米国・ペンシルヴァニア州、日本在住、男)
"Hi, can I help you (find something)?" や "Do you need help (finding something)?" が文句なく適切だと思う。

"Might I be of any help to you?" はとてもよいが、私の耳にはフォーマルすぎると聞こえる。

自分が迷子であることは認めたくない人が大半だろうから、私ならその点には触れない。状況次第だけど。どう見ても迷っているようにしか思えない状況でならおそらく問題ない。その人たちが急いでいたり精神的に不安定であると思われるときは、単刀直入に "Hi, where are you trying to go?" も有効だと思う。

(※リストのうち最後の2つはジョークのつもりで入れたもの ──大橋)


S.A(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、男)
オーストラリア人はとてもカジュアルなので、1〜2語程度にとどめる。たとえば、"Lost?"(眉を上げたりしながら)や "Need help?"(同前)とか。


K.T(米国・インディアナ州、男)
特に提案はないが、あなたの投稿は他人に奉仕しようとする純正な関わりを示すもの(your posts show a genuine commitment to service to others)だ。いつかお会いしたい。


J.R(米国・マサチューセッツ州、男)
最初の3つ(May I help you? / Can I help you? / Do you need any help?)が現在の用法としては完璧。

相手の人が道に迷っているように見えるのであれば、"You look lost. Can I help you?" と言うのもよい。あるいはときにはシンプルに "You look lost." も効くし、相手から行き方を質問してくると思う。


J.F(英国、女)
"Do you need any help" という言い方が大半の場合をカバーするが、イギリス英語では上のリストにあるすべての表現は問題なし。"Hello" や "Excuse me (sir, madam, miss)" は話し始めの言葉として常によい。


G.S(米国・ペンシルヴァニア州、男)
私なら最初の3つのどれでも。これらが最もよく使われる。


W.D(カナダ、男)
"Do you need any help?"


M.M(米国・カリフォルニア州出身、男)
"I hope I can help you." は形式的すぎて妙な感じがするが、他はすべてよい。


R.W(米国、男、日本在住経験あり)
"Have you eaten today?"


J.H(米国・テキサス州、男)
"Hello." から始めるのがよいと思う。そうすれば、それ以上何も尋ねなくても、相手の方から率直に質問してくるだろう。質問してこなければ "Are you needing help with something?" と続けることで相手の必要としているものがわかる。


E.D(カナダ→米国・ネバダ州、女)
私自身、初めての土地で道に迷ったときにこういう経験をしたことがある。ホテルとかを見つけるのに助けが必要かという質問をしてもらえるといつも感謝する。普通はリストの最初の3つ。道に迷った旅行者を助けようとする人は多い。


I.E(米国、男)
"Hi, need a hand with anything?"


D.L(米国・カリフォルニア州、男)
私なら "Hello, do you need any help?"。


N.M.J(英国、男)
正直なところ、もし私が外国で道に迷っているときに誰かから英語で話しかけられたら、最初の言葉が何であろうと私は嬉しい。
"Do you need any help?" や "Can I help you?" はどちらも非常によい表現。質問する際には "Hello." や "Excuse me." から始めるのかよい。


F.L(スイス→米国・ネバダ州、男)
"Hello, may I help you?" が適切。


D.D(米国・フロリダ州、男)
私なら "Excuse me, are you lost?"。


T.H(米国・カリフォルニア州、日本在住、男)
個人的には "Did you need any help?" が好みに合う。3つ目の例(Do you need any help?)とは少し違うが、より丁寧な言い方。


K.Z(米国、男)
どれでもよいと個人的には思う。私なら "Hey, you need any/some help?"。


J.M(米国・カリフォルニア州、男)
"Are you having difficulty with directions?"
"You appear to be lost."
"Do you need some help?"


G.R(南アフリカ・ヨハネスブルク、男)
"Hi, there... Might I be of any help to you?"


G.R(米国・コネチカット州、男)
"Hi, you lost?" か "Hi, need any help?"。


M.L(米国・フロリダ州、男)
"Excuse me, do you need directions?"


M.F(英国・ロンドン、男)
皆と同様、"Do you need help?" と言う。


ついでなので、「迷っているように見える外国人」の英訳として

 @ foreigners who look lost
 A foreigners who seem to be lost
 B foreigners who seem lost

のうちどれがよいかも尋ねてみた。


D.H(米国・マサチューセッツ州、男)
A(foreigners who seem to be lost)。

K.Z(米国・ニューヨーク州、男)
A(foreigners who seem to be lost)がいちばん適切。
B(foreigners who seem lost)はもっと使われる。
@(foreigners who look lost)がいちばんよくないが、いちばんよく使われる。

J.F(英国、女)
"Seeming to be lost"、"appearing to be lost"、"looking as though they are lost" は同じ状況を表す違う言い方。

posted by 物好鬼 at 17:02| Comment(0) | その他、雑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。