(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2014年09月21日

『カラー改訂版 まるおぼえ英単語2600』

10年前に出ていた本の改訂版。初版は記憶にないが、見たところ、作りはなかなかよい。20 Chapters × 22 Units で、見出し語は全2642語。

世の中に英単語集は腐るほどあるが、最近はランク別のものが多く、分野別のものは比較的少ないと思う(各ランクの内部が分野別になっているものは見かけることがあるが)。

内容的なつながりを重視する私が以前から思っていたのは、

 ・全体が分野別になっている
 ・各見出し語にランクが表示されている
 ・音声が付属している

という3つの条件を満たした単語集はないかということ。

この条件を満たすものは、私の手元にあるささやかなコレクション(?)の中では『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』(音声は別売)くらいしかない。書店でもあまり見かけない気がする。そんなわけもあって、この本を書店で見つけたときは「おっ!」と思い、即買いした。人気女性声優による「読者への応援メッセージ」がダウンロード音声に含まれているというのが少し気にはなったが…。

さて、帰宅して版元のサイトから音声をダウンロードすることにした。サイトの専用ページに行くと、Chapter ごとに1つの zip ファイルをダウンロードするようになっていた。「どうせなら全部まとめてくれればいいのに」と思いつつ全20ファイルをダウンロードし、一つひとつ解凍したところ、1つの zip につき1つの mp3 が現れた。つまり、音声は Unit ではなく Chapter(=22 Units)ごとのカタマリになっているのだ。プレイに要する時間は1ファイルあたり15分以上。これでは反復学習に向かない…。

更に気になるのが「読者への応援メッセージ」だ。和訳部分を人気女性声優が読んでいるのはまだよい(私はあまり歓迎しないが今回のはギリギリセーフというところ)。しかし、彼女たちによる応援メッセージなるものが、萌え萌えの声でところどころ(5 Units ごとらしい)に入っている。それも含めて15分以上が一続きになっているのだ。

版元はこれまでも英語の教材を多数出版しているのに、どうしてこんなことをしたんだろうか。すぐにでも音声を Unit ごとに分割したものをダウンロードできるようにしてほしいと思う。


posted by 物好鬼 at 17:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 個別の教材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も同じ事を感じてましたので
中継出版に要望でも出そうと思います。
音声の分割なら容易に対応できると思うんですよね。
Posted by 匿名希望 at 2015年12月07日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405786657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック