(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2012年06月17日

LとRは難しい? 〜発音の雑学〜

ちょっと思い出したネタ。

日本語の発音で「り」と「でぃ」を比較すると、日本人の耳には違う音として響くと思う。環境が悪ければ聞きわけにくいこともあるだろうが、静かな場所でハッキリと発音されれば、聞き間違えることはないはずだ。

ところがこの両者をアメリカ人に聞かせると、まず識別できない。日本語のラ行の子音は “d” の音に比較的(かなり?)近いものであるにもかかわらず、英語には存在しない(だから彼らには馴染む機会がない)ものだからだ。

たしか浪人時代だったと思うが、これを実際に試してみたことがある。そのときは「りんご」と「でぃんご」だったが、相手のアメリカ人には識別できなかった。何度も繰り返してみたが同じだった。

こんなのに比べれば、英語のLとRなんて大したことはないとわかるだろう。LとRは日本人には区別できないなどと大嘘を言うセンセイもいるが、若いうちに正しく訓練すれば、発音も聞き分けも(音声学的に完全ではないとしても)充分正確にできるようになる。もちろん私も18歳のころにやった。

それより難しい(?)のは、英語の “ni” と日本語の「ニ」の違いである。日本語の「ニ」は「ニャ・ニ・ニュ・ニェ・ニョ」のイ段であって、英語の “ni” とは(母音もだが)子音部分が明確に異なっている。“ni” を無理矢理カタカナで書けば「ヌィ」に近い。これは “si” が「シ」ではなく「スィ」に近いのと同じことだ。

ただ、英語の “ni” と日本語の「ニ」との対応関係は単純(1対1)なので、識別できなくても聴き取りに困ることはない。むしろ、識別できない人の方が、違いに煩わされずにすむとも言える。これは “shi” / “si” と「シ」との対応関係(2対1)とは異なる事情である。

そのせいかどうかはわからないが、日本では “shi” / “si” と「シ」については学校でも教えられるのに、“ni” と「ニ」についてはほとんど無視されている。

とは言うものの、“ni” と「ニ」はネイティブの耳には明らかに違う音として聞こえるのだから、あまり遅くならないうちに訓練しておいた方がよいと思う。



posted by 物好鬼 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習素材間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。