(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2010年11月05日

主語(あるいは目的語など)を修飾する vs. 名詞を修飾する

今回は眉につばを付けながら読んでいただきたい。テーマは副詞の“only”である。

典型的な使われ方の一つとして

 “Only he can do it.”

のようなものがある。この場合、この“only”は“he”を修飾している。そこで“only”は「名詞を修飾する副詞」だと言われることがある。はたしてそうなのか、である。

ここで主語を“a genious”に置き換えると、文全体は

 “Only a genious can do it.”

となる。見てのとおり、“only”は“genious”ではなく“a genious”の前に置かれている。

この事実は何を示唆しているのだろうか。専門家でない私にはよく分からないのだが、分からないなりにあれこれ考えた末に思いついたのは、

 最初の例で“only”が修飾しているのは
 “he”という代名詞それ自体ではない

ということである。

では“only”が修飾しているのは何か? 答えは、

 主語としての“he”/“a genious”

である。

話が分かりにくいかもしれないので敷衍する。

上に挙げた“he”や“a genious”は単独で存在しているものではない。あくまでも文中の具体的な位置に置かれているものである。ということは、これらのパーツには主語としての地位(つまり「○○が/は」)が貼り付いているはずである。これは目に見えないものだが、この区別は大切である。そして“only”が修飾しているのは、この「主語としての地位が貼り付いた後の(代)名詞句」であって、裸の(代)名詞句それ自体ではない−−のではないかというのが私の仮説である。

もちろん、目的語、補語、前置詞の目的語などに関しても同じことが言える。“only”は「それぞれの地位が貼り付いた(代)名詞句」を修飾しているのであり、名詞や代名詞を(形容詞が修飾するのと同じ意味合いで)修飾しているのではない。

結局のところ、副詞とは、修飾語句のうち形容詞と呼べないものの総称である、と考えてみてはどうだろうか。(「行政」や「社会学」の定義には控除説と呼ばれるものがあるが、それに似ている気がする。)

……なんてことを考えてみたのだが、そんな学説はないのだろうか。


posted by 物好鬼 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。