(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2010年10月27日

『英語のかけ込み寺』三部作

3冊で700ページを超える本格的教材。全体構成は次のようになっている。

1冊目「単語をうまく使う」(計48単元、各13題)
序章 国際英語と和式英語
第1章 名詞の使い方
第2章 動詞の使い方
第3章 助動詞の使い方
第4章 形容詞の使い方
第5章 副詞の使い方
第6章 前置詞の使い方
第7章 接続詞の使い方

2冊目「簡潔な文をつくる」(計21単元、各21題)
第1章 S+V
第2章 S+V+C
第3章 S+C+O
第4章 S+V+O+O
第5章 S+V+O+C

3冊目「国際英語の仲間入り」(計35単元、各13題)
第1章 名詞節
 第1節 thatが導く名詞節
 第2節 疑問詞が導く名詞節
 第3節 ifとwhetherが導く名詞節
第2章 形容詞節
第3章 副詞節
第4章 条件文
第5章 比較文

私が新著のために構想しているものと共通した部分が多い。特に、2冊目の全体が5文型に当てられているのが目を引く。もっとも、準動詞については独立した単元がなぜか存在しない。

しかし何よりも重要なのは、「国際英語」の習得を正面に掲げていることだろうと思う。そのキモは「〈英語の思考・発想〉を身につける」ことである。

文法項目別に集められた例文というのは往々にして形式面にばかり目が向きがちであるが、このシリーズの場合はそうではない。例えば、5文型の最初である「S+V」の1問目は次のようになっている。

つぎの状況を「S+V」で決めてください。
【問題】
君のレポートはよく書けている。

全体としては「文法的体系にもとづいてシッカリとした作文力を構築するための教材」であると言える。しかし、単に文法に詳しいだけでは絶対に書けないような作りとなっているあたりに著者の実力が伺えると思う。

問題(例文)数は3冊で1520本に及び、それら(英文のみ)は全て付属CDに収録されている。作文力養成のための本格的教材を求める人に是非オススメしたい。

posted by 物好鬼 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別の教材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167399066

この記事へのトラックバック