(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2009年01月05日

知識と能力の違い

 ここでは、知識と能力の違いについて考えたい。これは語学に限らずさまざまな分野で問題となるもので、古くて新しいテーマである。


 ある程度の数の例文を記憶したら、今度はそれらを具体的な場面において正しく活用できるようになりたいであろう。それも、読み書きだけではなく、話したり聞いたりするときにもスムーズに使えるのがよい。これは単に記憶しただけでは身に付かないものであり、それ相応の工夫と努力が必要とされる。

 さて、最終的にはありとあらゆる文において<活用能力>を発揮できるようになりたいわけであるが、実際には、非常にたくさんの語句や例文を知っているにもかかわらずそれを使いこなすことができない、という人は決して少なくない。多くの知識を得たいのは当然としても、同時に能力という面にも注意する必要があるのである。ではどうするかであるが、次のように考えてみてはどうであろうか。

 例えば、ある特定のパラグラフを正確にスラスラと読む訓練を徹底的に行ったうえでその能力を測ったところ、ネイティブを100として「90」と評価されたとする。さて、別の新たな素材について同じ観点から計測したらどうなるか? おそらく90には届かないであろうし、たいていの場合は大きく離されるはずである。つまり、

  集中的に学んだ素材でのレベル > 新たに学んだ素材でのレベル

である。新たな素材として選んだものがよほど易しいものでないかぎり、左辺の値が右辺の値の上限となるであろう。言い換えると、右辺の値を高めるためには左辺の値を高めることが必要だ、ということである。

 この簡単な思考実験からも分かるように、最初に学ぶ少量の素材に関しては、十分かつ多角的な訓練をした方がよい。それがある程度できるようになってから、その正確さや自在さを他のさまざまな素材に波及させていくわけである。もちろん、能力を波及させられるようになるにはそれなりの<慣れ>が必要ではあるが、一旦慣れてしまいさえすれば、ほとんどありとあらゆる素材で同じことができるようになる。この点をよく認識することが大切である。

 なお、最初に学ぶ少量の素材は、学習領域の全般をバランスよくカバーするように選択するのがよい。これが全ての基礎となるからである。他方、後から追加する素材については、その順序とタイミングが大事である。目安としては、追加時の負担ができるだけ少なくなるように工夫するのがよい。

 およそこのような戦略で学習していけば、短期間で大きな成果に結びつけることができるであろう。


posted by 物好鬼 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 応用力を付ける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんです。そのとうりだと思います。

でもこと語学に関しては宇宙や粒子を捕まえよう理解しようとするぐらい難しく感じるときありませんか。
そこに魅せられると同時にネイティブにかなわないんですよね、、
まるで大人になってから新体操しているような辛さを味わうことも。
でも、がんばりますけど!
Posted by E at 2010年12月03日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。