(1) 新刊 『英文構造図』(第3版) 大好評発売中!
  10265528_10152449507841816_3640753823111937564_o.jpg
(2) 英文構造図の詳細は 公式サイト をご覧ください。
(3) ブログ記事の体系的閲覧には 目次一覧 をご利用ください。

2014年07月26日

My father is my mother.

"My father is my mother." といえば「私の父はわがままだ」と読むのが昔からの定番だが、今日の話は少し違う。

さて、日本語の音に「清音」「濁音」の区別があることはよく知られている。要するに

 「かきくけこ」と「がぎぐげご」
 「さしすせそ」と「ざじずぜぞ」
 「たちつてと」と「だぢづでど」
 「はひふへほ」と「ばびぶべぼ」

のような対応関係だ。

一方、英語の発音では無声音と有声音の区別がある。つまり

 kとg
 sとz
 tとd
 pとb

といったものだ(他にもいくつかある)。

上の清音・濁音と比較してみると、最後のペアだけ食い違っているように見える。発音の仕方から考えるかぎり日本語の方がおかしい、とさえ思える。実際、日本語では「ぱぴぷぺぽ」は「半濁音」と呼ばれて例外的な位置づけになっている。

これには理由がある。実は昔の日本語では「はひふへほ」は「ふぁふぃふふぇふぉ」、もっと前には「ぱぴぷぺぽ」のように発音されていたと言われているのだ(ここ参照)。

これは「はひふへほ」の子音はpだったということであって、そう考えると、上の「食い違い」は実は食い違いではないことがわかる。当時の音声のもとでは、五十音図は実に合理的にできていたわけだ。

…ということは、だ。その頃の日本では 「私のパパ」=「わが母」、英語に訳すとまさに "My father is my mother." だったということになる!

これでようやく記事タイトルとつながった(笑)。

posted by 物好鬼 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする